くらし情報『ココリコ田中、主演ドラマのしぐさは「長いアゴを隠してるわけじゃない」』

2017年1月3日 05:00

ココリコ田中、主演ドラマのしぐさは「長いアゴを隠してるわけじゃない」

ココリコ田中、主演ドラマのしぐさは「長いアゴを隠してるわけじゃない」

お笑いコンビ・ココリコ田中直樹がこのほど、主演を務める読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『増山超能力師事務所』(5日スタート、毎週木曜23:59~)の取材に応じ、劇中で披露するシーンについて事前に注釈をつけた。

このドラマは、誉田哲也氏の同名小説が原作。超能力を持った「増山超能力師事務所」の個性的なメンバーたちが、依頼人の悩みを解決するため探偵業に奔走する姿を一話完結形式で描き、田中はこの事務所の所長・増山圭太郎役を演じる。

田中は、この超能力を使用するシーンについて、「それぞれの超能力によって出し方が違うんです。能力によってポーズも違ったりするので、監督とも相談しました」とこだわりを明かす。劇中では、手でアゴを隠すようなしぐさもあるそうだが、「長いアゴを隠してるわけじゃないってことだけは、分かってください(笑)」と、報道陣に念を押していた。

今作には、相方の遠藤章造も出演するそうで、「お芝居の中でたっぷりとした間をとられる。『あれ?次誰のセリフだっけ?』ってくらいに間を取る。大御所俳優みたいで、そこがすてきでしたね(笑)」と、独特の演技をお気に入りの様子。コンビでのドラマ出演はずいぶん久しぶりだったと言い、「そういうことも楽しかったので、来年(2017年)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.