くらし情報『カンヌ受賞映画『怪物』是枝裕和監督×坂元裕二タッグ、なぜ実現? 裏に2人のプロデューサー』

カンヌ受賞映画『怪物』是枝裕和監督×坂元裕二タッグ、なぜ実現? 裏に2人のプロデューサー

カンヌ受賞映画『怪物』是枝裕和監督×坂元裕二タッグ、なぜ実現? 裏に2人のプロデューサー

第76回 カンヌ国際映画祭で脚本賞、クィア・パルム賞を受賞した映画『怪物』(6月2日公開)のプロデューサー裏話が31日、明らかになった。

同作は是枝裕和監督と脚本家・坂元裕二によるオリジナル作で、この度、第76回 カンヌ国際映画祭で脚本賞、クィア・パルム賞を受賞した。大きな湖のある郊外の町に存在する、息子を愛するシングルマザー(安藤サクラ)、生徒思いの学校教師(永山瑛太)、そして無邪気な子供たち(黒川想矢、柊木陽太)。そこで起こったのはよくある子供同士のケンカに見えたが、彼らの食い違う主張は次第に社会やメディアを巻き込み、大事になっていく。そしてある嵐の朝、子供たちは忽然と姿を消した。

今回、『万引き家族』でカンヌ国際映画祭最高賞パルム・ドールに輝いた是枝監督が、「今一番リスペクトしている」と熱く語る脚本家の坂元とタッグを組むという、監督自身と映画ファンの夢を叶える企画が実現した。坂元は映画『花束みたいな恋をした』やTVドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』などで圧倒的な人気を博す、新作が待ち望まれる脚本家だ。是枝監督が他者に脚本を委ねるのは、デビュー作『幻の光』以来となる。


今まで実現してこなかった奇跡のコラボレーションが結実した背景には、山田兼司・川村元気という、2人のプロデューサーの存在があったという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.