くらし情報『ドリームワークス最新作『The Boss Baby』が2連覇 - 北米週末興収』

2017年4月10日 13:58

ドリームワークス最新作『The Boss Baby』が2連覇 - 北米週末興収

ドリームワークス最新作『The Boss Baby』が2連覇 - 北米週末興収

米BOX OFFICE MOJOは4月7日~4月9日の全米週末興業成績を発表した。

前週に引き続きトップはドリームワークスの新作3Dアニメ『The Boss Baby(原題)』。2位も前週同様『美女と野獣 (2017) 』が順位を維持し、累計興行収入4億3,231万6,034ドルとついに4億ドルの大台を突破した。

3位は『Smurfs: The Lost Village(原題)』が初登場。小さな青い妖精"スマーフ"たちの世界を描いた3Dアニメで、2011年の『スマーフ』、2013年の『スマーフ2 アイドル救出大作戦!』に次ぐ続編となる。アニメ『シュレック2』のケリー・アズベリー監督が指揮し、パパ・スマーフやスマーフェットなど主要キャストの声優陣が一新されている他、ジュリア・ロバーツ、ミシェル・ロドリゲスといった大物俳優が参加している。

4位も初登場の『Going in Style (2017) (原題)』。1979年公開の同名作品(邦題『お達者コメディ/シルバー・ギャング』)のリメイクにあたり、俳優兼監督の『終わりで始まりの4日間』『WISH I WAS HERE 僕らのいる場所』のザック・ブラフが監督を務める。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.