くらし情報『清原果耶、3度目のタッグとなる藤井道人監督への信頼感「答えを渡すのではなく、一緒に迷ってくれる」』

清原果耶、3度目のタッグとなる藤井道人監督への信頼感「答えを渡すのではなく、一緒に迷ってくれる」

清原果耶、3度目のタッグとなる藤井道人監督への信頼感「答えを渡すのではなく、一緒に迷ってくれる」

藤井道人監督初の国際プロジェクトとなる日台合作映画『青春18×2 君へと続く道』で、台湾の俳優 シュー・グァンハンとW主演を務める清原果耶。台湾を訪れたバックパッカー・アミを演じ、台南で出会った青年・ジミーとの淡い恋模様を爽やかに表現している。

今回のインタビューでは、3回目のタッグとなる藤井監督の人物像や「大好き」だと話す「監督ならではの演出」について語ってくれたほか、ともにW主演を務めたシュー・グァンハンとの言語を越えて理解し合えた瞬間を明かした。

○■主演映画を試写で鑑賞し号泣「エンドロールまでずっと涙」

――今作の初号試写で号泣してしまったそうですが、完成した作品を観たときはどのような心境でしたか?

私は基本的に自分が出演させていただいている作品をなかなか客観的に観ることができないタイプなんです。今回は特にそうで、撮影から約1年が経っているんですが、アミとしての記憶を鮮明に覚えすぎていたからか涙が止まらなくて……作品を観ながらアミの気持ちになり「あぁ、そうだったな……」と思って泣き、ジミーが日本を旅してる風景の中でも、「はぁ、ジミー……」と思って泣き……エンドロールまでずっと涙涙でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.