くらし情報『平泉成、60年の役者人生「脇役ばかりをやってきたので…」初主演台本を仏壇に 佐野晶哉も感嘆』

2024年5月29日 11:00

平泉成、60年の役者人生「脇役ばかりをやってきたので…」初主演台本を仏壇に 佐野晶哉も感嘆

平泉成、60年の役者人生「脇役ばかりをやってきたので…」初主演台本を仏壇に 佐野晶哉も感嘆

俳優の平泉成が初主演を務める映画『明日を綴る写真館』(6月7日公開)のSpecial Interview映像・場面写真が29日、公開された。

公開されたインタビューでは、初めて主演作を演じるにことについて平泉が「60年、脇役ばかりをやってきたので、(オファーが)来た時は嬉しかったですね。台本を仏壇に飾って、親父とお袋に手を合わせました」と感無量な面持ち。一方、その平泉とじっくり共演した佐野は「芝居が終わった後に『今の芝居がちょっとなぁ』とか『佐野君ごめんなぁ』と言ってくださって、58年先輩がそんな感じでいるので、現場の空気感が優しくて愛にあふれていて、楽しい撮影でした」と大先輩・平泉の気さくな人柄に感嘆する。

さらに「60年やっても答えが見つからないような仕事だからこそ、役者って面白いんだよ」とも言われたという佐野は「80歳になっても芝居がしたい」と発起。「夢が広がるような素敵な出会いでした」と佐野の未来にも大きな影響を与えた平泉との共演となった。

平泉は「本番中に芝居を投げると、それを非常にナチュラルに受け止めて投げ返してくれる」と佐野の自然体の演技を讃える。「(本編の佐野の)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.