くらし情報『パンサー向井、尾形のダメっぷりに「質の高い教育をしないと…」』

2018年8月4日 12:42

パンサー向井、尾形のダメっぷりに「質の高い教育をしないと…」

パンサー向井、尾形のダメっぷりに「質の高い教育をしないと…」

お笑いトリオ・パンサーの向井慧尾形貴弘菅良太郎が4日、北海道・札幌市内で開催中の「みんわらウィーク2018」のメインイベント「SDGsウォーク2018」に参加。尾形のダメっぷりに次長課長河本準一らがダメ出しし、向井は「質の高い教育をしないと…」と教育の必要性を実感していた。

吉本興業と北海道は、北海道を盛り上げ、その魅力を国内外に発信することを目的とした包括連携協定を2016年3月に締結。その一環として、お笑いの輪を全道に広げるイベント「みんわらウィーク」を2016年より開催している。

3年目を迎える「みんわらウィ―ク2018」では、“歩いて・笑って・健康になり、SDGs
890(エス・ディージーズ)を学べるウォーキングイベント”「SDGsウォーク2018」をシンボルイベントとして開催。お笑い芸人やアスリートと一緒に夏の北海道を歩き、国連が定める「持続可能な開発目標(SDGs)」を楽しく学ぶ。

芸人たちは、中島公園内を歩く約2キロのコースに参加し、いくつかのグループに分かれて一般の参加者とウォーク。パンサーのグループは途中で、後ろを歩いていた和牛のグループと合流し、最後は大人数でゴールした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.