くらし情報『ピンク髪の広瀬すず&存在感のない吉沢亮! 朝ドラ話題の2人が全く別の姿に』

2019年9月20日 06:00

ピンク髪の広瀬すず&存在感のない吉沢亮! 朝ドラ話題の2人が全く別の姿に

ピンク髪の広瀬すず&存在感のない吉沢亮! 朝ドラ話題の2人が全く別の姿に

女優の広瀬すずが主演を務める映画『一度死んでみた』(2020年3月20日公開)の特報と第1弾ポスターが20日、公開された。

同作は、ソフトバンク「ホワイト家族」シリーズなどを手がけ数々の賞を受賞、映画『ジャッジ!』で脚本も務めた澤本のオリジナル作。大学4年生の野畑七瀬(広瀬)は、製薬会社の社長である父親の計(堤)と二人暮らしだが、ある日「一度死んで2日後に生き返る薬」を飲み、会社乗っ取り計画の犯人を炙り出そうとする計が七瀬の前におばけとなって現れる。七瀬は計、そして計の会社の社員で、”ゴースト”と呼ばれている存在感の薄い松岡(吉沢)とともに事態の解決に乗り出し、思いもよらぬ展開になってしまう。

広瀬演じるヒロイン・七瀬は髪を半分ピンクに染め全身デスメタルの衣装に身を包み、NHK連続テレビ小説『なつぞら』で演じたまっすぐでピュアなヒロインとは180度違う、インパクト大な姿に。特報では、広瀬が「今死んだらぶっ殺すわよ!」と叫び、人差し指を上に突き出したデスポーズやキレのあるハイキックも披露するなど、はじけた演技が満載。七瀬の父・計を演じる堤も、ペッタリした七三分けととぼけた表情で変人度たっぷり の“クソオヤジ“ぶりを披露し、吉沢も端正な顔が隠れそうなほどの長い前髪とメガネ姿で、かつてなく存在感がなさすぎるキャラとなった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.