くらし情報『釜玉をパスタでアレンジしたらカルボナーラ風になった』

2012年2月11日 17:45

釜玉をパスタでアレンジしたらカルボナーラ風になった

釜玉をパスタでアレンジしたらカルボナーラ風になった
讃岐うどん店などにいくとよく見かける釜玉。

茹でたてのうどんに玉子や醤油を混ぜて食べるおなじみのメニューだ。

今回は、釜玉風のパスタを紹介。

黒胡椒も加えてほんのりカルボナーラ風に仕上がった。

材料(2人分)
パスタ 200g / 卵黄 2個分 / 明太子 1腹 / バター 少々 / 黒胡椒 適量 / 大葉 3枚 / 塩 ひとつまみつくり方沸騰した湯に塩を入れ、パスタを規定時間茹でる。

ボウルに卵黄を入れて溶きほぐし、皮を取り除いた明太子を加えてさらに混ぜる。

最後に、室温に戻したバターと黒胡椒を入れて合わせる。

1のパスタはザルにあけて湯切りし、熱いうちに2に入れて全体をよく混ぜ合わせる。

器に盛り、千切りにした大葉をトッピングしてでき上がり。

【拡大画像を含む完全版はこちら】

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.