くらし情報『20代女性はみんなとワイワイ飲みたい傾向に。低アルコール飲料に関する調査』

2012年5月12日 00:57

20代女性はみんなとワイワイ飲みたい傾向に。低アルコール飲料に関する調査

20代女性はみんなとワイワイ飲みたい傾向に。低アルコール飲料に関する調査
クロス・マーケティングは、全国20~59歳の男女を対象に、「アルコールRTD(そのまますぐ飲める缶チューハイや缶カクテルなどの低アルコール飲料)」に関する調査を実施。

その結果、年代や性別によって、アルコールのたしなみ方に違いがみられることがわかった。

同調査によれば、アルコールRTDユーザーの過半数は女性とのこと。

アルコールRTDは20~40代女性がメイン層であるのに対し、ビール類は30~50代男性がメイン層となった。

アルコールRTDの飲用シーンについての調査では、約50%の人が「夕食中に」と回答。

特に20代女性は、「家族友人と対面で会話をしながら」に加え、「ストレスがたまっているとき」、「疲れた時」のスコアが高い。

一方、男性は、風呂上がりのときに飲用するという回答がトップになった。

同社では、女性は夕食時に複数人で、男性は一人でアルコールRTDをたしなむ傾向がみられると分析している。

また、アルコールRTDと一緒に食べる料理を自由回答形式で聞く調査では、唐揚げや焼き肉などの肉料理が上位にランクインしている。

アルコールRTDと肉との相性の良さがうかがえる結果となった。

【拡大画像を含む完全版はこちら】

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.