くらし情報『その道のプロに聞いた、一般もOKな岡山市中央卸売市場のおいしい楽しみ方』

2012年8月11日 10:10

その道のプロに聞いた、一般もOKな岡山市中央卸売市場のおいしい楽しみ方

おお、ラッキー!早速声を掛けて、魚のおいしい店を尋ねたところ、2つの店を紹介された。

一つ目はその男性も昼ご飯を食べるのによく利用するという「食堂 備前」。

町の大衆食堂を思わせる外観通り、入店すると日替わり定食や丼ものなどがズラリと並んでいた。

また、一品料理も各種用意されている。

この店は今年で創業35年を迎えるそうで、昭和のドラマにも出てきそうな、味わいある(愛すべき!)お座敷席や壁にかかった小物にまで、“老舗の食堂”と呼ぶにふさわしい風格が漂っている。

そしてメニューは和食から洋食までバラエティー豊かなラインアップで、どれにしようか迷ってしまう。

そこで店の人におすすめを聞いたところ、卸売市場にある店ならではの新鮮な魚介類を使った定食や丼ものが挙げてくれた。

注文カウンターの横には定食や丼の見本写真などが置かれているので、そちらも参考になる。

550円の日替わり定食なども気になりつつ、マグロをはじめ、サーモンやナカオチ、エビ、イクラ、アナゴ、ウニなどの魚介類がこれでもか!というほど盛られた「海鮮丼」(1,000円)を選んだところ、これが大正解。いやはや、もう、ネタの鮮度が違う!違いすぎる!新鮮なネタばかりなので、スーパーなどで売られている生ものは苦手という人でも、ぜひ食べてみてほしい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.