くらし情報『「もうあかん やめます!」の看板をぶら下げて数十年の大阪の靴屋さんの謎』

2012年8月31日 18:24

「もうあかん やめます!」の看板をぶら下げて数十年の大阪の靴屋さんの謎

と笑う。

え?15年前から、もうあかん?店じまい?どういうこと?これはもう本人に聞くしかない。

「黄色い看板に『店じまい売りつくし』と書いたのは54年ほど前だと聞いていますよ」と話してくれたのは、この店の2代目で、初代オーナーの息子にあたる竹部さん。

先代がお店をオープンさせて2年ほどたった頃、売れ行きが乏しくなってきてお店を閉めようと思い、この看板を出すに至ったのだったとか。

ところが、看板を見た地元の人から「がんばってほしい」と励まされ、結果、なんとか持ちこたえることができたのだそう。

しかし、19年ほど前、再び悲劇が「靴のオットー」を襲った。

バブル経済崩壊である。

オーナーは思った。

「今度こそは本当に店を閉めなければいけないかもしれないな」と。

そこで、看板にプラスして、「もうあかん やめます!」というメッセージ垂れ幕までかけることにしたのだそう。

ところが、ここで再び奇跡が起こる。

なんと、垂れ幕のキャッチコピーが話題を呼び、口コミでお客さんが急増したのだ。そればかりか、テレビや雑誌にも度々取り上げられ、一躍人気の靴屋さんになってしまったのだ。

ここまでのエピソードを気さくに話してくださった竹部さんの笑顔のおかげで、こちらの緊張もほぐれてきた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.