くらし情報『知る人ぞ知る“ナス王国”新潟県で、品種別のおいしい食べ方を教わった!』

2012年10月5日 11:46

知る人ぞ知る“ナス王国”新潟県で、品種別のおいしい食べ方を教わった!

知る人ぞ知る“ナス王国”新潟県で、品種別のおいしい食べ方を教わった!
煮たり、焼いたり、炒めたりと、様々な料理法や味付けで楽しめる「ナス」。

その歴史は古く、日本では1,000年以上にわたって栽培されている。

しかし、そのナスの作付面積全国1位が新潟県であることは、意外と知られていない。

「新潟のナス栽培の主流は『露地栽培』です。

だから、作付面積が広いのではないでしょうか」と教えてくれたのは、新潟県農林水産部食品流通課流通・市場係の堀本さん。

なるほど。

しかし、広範囲で栽培をしていたら、収穫量や出荷量は多くなるはずでは?その割には、スーパーで新潟県産のナスを目にすることは少ないような……。

「作付面積は1位でも、収穫量や出荷量は1位じゃないんですよ」(堀本さん)え!?それってどういうこと?ナスといえば野菜、野菜といえばJA。

ということで、知る人ぞ知る“ナス王国”の謎を探るべく、全農新潟県本部園芸部青果販売課の甲野さんにお話を伺った。

「新潟県のナスの作付面積は674ヘクタール。

一方で、収穫量は9,020トン、出荷量に至っては2,920トン(2011年度、農林水産省調べ)と、全国的に見てもそんなに多くはありません」(甲野さん)その理由としては、まず、収穫期が短いことがあげられる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.