くらし情報『【雑学キング!】お持ち帰りエコ推進中。食べ残しの環境問題を考えてみた』

【雑学キング!】お持ち帰りエコ推進中。食べ残しの環境問題を考えてみた

【雑学キング!】お持ち帰りエコ推進中。食べ残しの環境問題を考えてみた
飲み屋などで、注文しすぎて残ってしまった食べ物を「お持ち帰り」したことはありますか?聞くところによると、この「お持ち帰り」、最近注目されているエコ活動のひとつなんだそうですが、その話を聞いた私の友人がボソッと言いました。「持ち帰りって騒がれてるけど、ゴミの量が減る以外にいいことあるのかな?」

うーん、ゴミ削減も立派なエコだと思うのですが、それ以上の意義は無いのでしょうか。サスティナビリティー(継続可能性)という観点から環境問題を考え続けるgreenz.jpライターの松岡由希子さんにお話を伺いました。

――「持ち帰り活動」によって直接的に生じる、環境面、経済面におけるメリットには何がありますか?

「食べ残しの廃棄コストは減るはずなので、店側にとってはコスト効率化を実現できるメリットがあると思います。また、廃棄物量が減るということは、環境面でもプラス効果があります。消費者にとっては、持ち帰りのおかげで多少食費が節約できる、という効果もあると思います」

――食費の節約は私たちにとって確かに一番わかりやすいですね(笑)。ゴミが減ることによっていろいろとメリットが生じるのはなんとなく想像できるのですが、それ以外に「お持ち帰り」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.