くらし情報『書道家「海老原露巌」の今日の一文字「天」』

2017年11月23日 10:30

書道家「海老原露巌」の今日の一文字「天」

■「天」をイメージしてみよう

「天」と聞くと、どんなイメージがありますか?

宇宙、空、また人を超えた人の上の存在。
宗教的な世界観においては神の住む理想郷。

などイメージは広がります。

その色は何色なのでしょうか。朝焼けの赤、夕焼けの黄色、雲ひとつない青、紫がかった霞の色。また新月の夜の吸い込まれそうな黒。すべての色を統合したら黒(玄)になりますね。

「天」の字形は人間の体の上部から由来しています。「天」とは人間に関わるすべてを統合した言葉と言えます。

■智永の「千字文」とは

目次

・「天」をイメージしてみよう
・智永の「千字文」とは
・天地玄黄宇宙洪荒
・コンプレックスは誰にでもある
・書道は道とつくものです
・実際に「天」を書いてみよう
23828534 1197515600381211 1570406519 o


今回は智永の「千字文」の冒頭の文字「天」をテーマにしました。

「千字文」は初回に触れた王義之の筆跡を一千字集め、周興嗣(470年〜521年頃)が作りました。

1000字を重複なしに四言古詩250句にしたもので、以後、さまざまな人が書いています。中国、朝鮮、日本で識字、習字用の教科書として広く近年まで用いられていました。

智永(生没年不詳陳時代から隋時代580年代頃活躍した僧)は王義之の7代目の孫です。いろいろな人が「千字文」を書いていますが、私は智永の書いた「千字文」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.