2013年9月7日 12:00|ウーマンエキサイト

突然のときに慌てないために! 喪服の最新マナーあれこれ

いつもは自由に好きなファッションをしていても、そうはいかないのが告別式や通夜といった際の喪の装い。マナーをきちんと守った装いで参列したいものですが、正式なマナーをよく知らない、自信がないという人も多いのでは? 失礼のないように、喪の装いについての基礎知識を知っておきましょう。

突然のときに慌てないために! 喪服の最新マナーあれこれ
ブランド名:ソワール ペルル バイ アキラ ナカ

首都圏・関西圏を中心に展開する業界最大手の(株)公益社によると、最近の葬送の傾向としては、直葬や一日葬、家族葬など小規模化の傾向が見られる一方、親しい知人や親族と数日間じっくりお別れする葬儀などもあり、多様化しているのだとか。それにともなって喪の装いにも変化が見られるようです。

一般的な通夜、告別式、七回忌までは、正統派の着こなしがやはり安心だとか。弔問であれば、膝丈中心のワンピース+ジャケットスタイルの準喪服が定番で、色は黒。日本全国どこでも通用し、安心感、信頼度が高いスタイルと言えます。

ただ、最近増えている「お別れの会」などでは、ワンピーススタイルもOKだそう。もちろん「喪」ですから、無難なデザインを選び、肌の露出は極力控えて。胸元、二の腕、膝頭が隠れているデザインであれば安心ですね。また、透けすぎない、光沢感の抑えられた素材を選ぶほうがベターだとか。

このようなスタイルは、アクセサリーコーディネート次第では、ハレの日にも通用する装いになるので、一着持っているといいかもしれません。


新着くらしまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.