2015年2月2日 12:00|ウーマンエキサイト

中谷美紀、主演映画『繕い裁つ人』のために1か月で裁縫マスター

漫画家・池辺葵による人気コミックを中谷美紀主演で映画化した『繕い裁つ人』が、1月31日に全国劇場公開されました。公開初日には東京都内劇場で主演の中谷さんはじめ、共演の三浦貴大さん、黒木華さん、そして三島有紀子監督が舞台挨拶を行いました。

中谷美紀、主演映画『繕い裁つ人』のために1か月で裁縫マスター
記念すべき封切り日は、前日の雪模様が嘘のような晴天。中谷さんは「撮影中は三浦貴大さんが“雨男”で、彼が現場に現れると必ず雨が降っていたので、『今日の初日も来なくていい』と思っていた」と笑わせ、続けて黒木さんも「中谷さんと監督が“晴れ女”だったので『勝ったな』と思った」と喜びの表情。当の“雨男”三浦さんは「今日雨が降っていたら中谷さんに何を言われてしまうのだろうかとビクビクしていたけれど、昨日のうちに雪を降らしておいて良かった」と快晴にほっと胸をなで下ろしていました。

本作は神戸を舞台に、祖母が始めた仕立て屋「南洋裁店」を受け継いだ2代目店主・市江(中谷)の頑なな服作りの姿勢を通じ、彼女を取り巻く人々との交流を温かく描いた物語。中谷さんは、「この映画はプロデューサーや映画会社の方々が用意してくださった“お見合い結婚”ではなく、相思相愛の三島監督との“恋愛結婚”ができた幸せな作品となりました」とひとしおの思いを明かされ、「不得手とするお裁縫を完璧にマスターすることから始めました。20年近くミシンを踏んできた姿を完璧に演じてほしいと言われたので、こだわって1か月ほど練習しました」と役作りにも熱がこもったようでした。


新着くらしまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.