くらし情報『マニュファクチュールが探求するデザインと性能の新たな道を拓いた1969年の最初期のゼニス「デファイ」を復刻』

2022年1月23日 19:00

マニュファクチュールが探求するデザインと性能の新たな道を拓いた1969年の最初期のゼニス「デファイ」を復刻

通常とは異なるスクエア型のアプライド アワーマーカーは、永遠に動き続ける感覚を伝える水平方向の溝を備えています。幅広の剣型の針は、オリジナルに見られるトリチウムに似た色調のスーパールミノーバがたっぷりと塗布され、同時代の多くのゼニスの時計の目立った特徴であるパドル型の秒針とペアになっています。復刻版とオリジナルの見た目の違いは、サファイアクリスタル、内部を眺めることができるケースバック、夜光塗料の種類だけです。

マニュファクチュールが探求するデザインと性能の新たな道を拓いた1969年の最初期のゼニス「デファイ」を復刻

もう1つの重要な違いは、内部での時の刻み方です。ブランドのロゴの1つとなり、その後何年にも渡って繰り返し使用されるデザイン要素となった4つの点を結んだ星で装飾されたオリジナルのソリッド ケースバックの代わりに、「デファイ リバイバル A3642」は自社製自動巻エリート670 ムーブメントを眺めることができるサファイアクリスタルのケースバックを備えています。このムーブメントは、4Hz(毎時28’800振動)で鼓動し、完全に巻き上げられた場合は50時間のパワーリザーブを提供します。

「デファイ リバイバル A3642」によって、ゼニスは、1960年代以降で最も大胆で傑出したモデルのひとつを復活させるだけでなく、その原点に戻ることで、ゼニスで最も大胆で革新的なコレクションの独自の起源に注目を集めます。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.