くらし情報『オフィスで“柄物”を制すには、丈感と小物とのバランスを重要視すべし! 【パリスナップ】』

2019年6月26日 16:00

オフィスで“柄物”を制すには、丈感と小物とのバランスを重要視すべし! 【パリスナップ】

お仕事服でも女性らしさを忘れず、尚且つファッションを楽しみたい人には柄物がオススメ。オフィスでも悪目立ちしないためには、丈感や小物とのバランスに注目して。柄物好きのパリジェンヌを参考にすれば、お仕事服をアップデートできるかも。

1.
アンヌ(ジュエリーデザイナー/34歳)
オフィスで“柄物”を制すには、丈感と小物とのバランスを重要視すべし! 【パリスナップ】

父親が経営するファインジュエリーのブランドで、デザイナーとして勤務するアンヌ。チェック柄のシフォンのドレスにはヴィンテージのジャケットと「シュリンプ」の最旬バッグで、トレンドをおさえつつも上品にまとまっている。足元はパリジェンヌの定番である「シャネル」のバレエシューズ。

2.
マルゴー(バーテンダー/25歳)
オフィスで“柄物”を制すには、丈感と小物とのバランスを重要視すべし! 【パリスナップ】

マルゴーは、大小のドットが描かれたヴィンテージのドレスを着用してバーに出勤中。スリットの入ったロングドレスは程よく色気があって、男女問わず支持されそう。柄物ロングドレスは存在感があるため、全体的に重くならないよう、彼女のようにスッキリまとめ髪でバランスを取って。

3.
セルマ(クリエイティブ・ディレクター/26歳)
オフィスで“柄物”を制すには、丈感と小物とのバランスを重要視すべし! 【パリスナップ】

パリの伝説的コンセプトストア「コレット」に勤めていたセルマはさすがのモード感!フェミニンな花柄のシルクのスカートを基盤に、オレンジのジャケットとスニーカーで色に統一感を持たせて、全体的にはトレンドなストリートスタイルに落ち着いている。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.