くらし情報『クリストフ・ルメールによる「Uniqlo U」2019秋冬は素材やシルエットに注目』

2019年8月22日 14:00

クリストフ・ルメールによる「Uniqlo U」2019秋冬は素材やシルエットに注目

アーティスティックディレクター、クリストフ・ルメール(Christophe Lemaire)率いるユニクロ(UNIQLO)パリ R&D センターのデザインチームによる「ユニクロ ユー(Uniqlo U)」の2019年秋冬コレクションが、9月20日より国内の店舗及び、オンラインストアにて順次販売される。

クリストフ・ルメールによる「Uniqlo U」2019秋冬は素材やシルエットに注目

今シーズンは、幅広い着こなしのヒントにあふれる洗練されたデザインで、ウィメンズ41型、メンズ35型、グッズ3型がそろう。

25周年を迎えたフリースアイテムも、ユニクロ ユーならではのデザインと機能性で登場。メンズのボアフリースジャケットは裏地に撥水加工を施したナイロン素材を使用し、デザインと機能性を兼ね備えたリバーシブル仕様。ウィメンズは、シャツデザインのショートコートをボアフリース素材で。同素材のベルトをウエストで絞るスタイリングがおすすめ。その他、ウールとフリースのブレンド素材を使用したメンズのオーバーシャツは、秋は軽いアウターとして、冬にはコートの下のミッドレイヤーとして幅広いコーディネートを可能にする。

クリストフ・ルメールによる「Uniqlo U」2019秋冬は素材やシルエットに注目

ブロックテック(BLOCKTECH)アウターにも新たなラインアップが。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.