くらし情報『セイコー「クレドール ゴールドフェザー」限定腕時計“水の流れ”を超絶技巧で表現した4層の彫金ダイヤル』

セイコー「クレドール ゴールドフェザー」限定腕時計“水の流れ”を超絶技巧で表現した4層の彫金ダイヤル

の彫金師・照井清が手掛けたダイヤル。1粒の雫が水面に放たれ波紋となって広がる様子を、4層で表現している。連続した細かな円を刻む「魚々子(ななこ)」と呼ばれる模様や、水がとめどなく流れる様を2本の線を彫って1本の太い線に見せる「袋彫り」、どの角度から見ても歪みのない鏡面彫りなど、照井だからこそ成せる技を凝縮した。

さらに、アワーマークとしての役割も担うダイヤモンドは、30分ごとの位置に24個セッティング。水面に反射してきらめく日の光のように、ダイヤル上で輝いている。

大河へと成長する様子を彫金で表現したムーブメント
「クレドール」の「未来への発展」を表現した、裏面のムーブメントもポイントだ。1粒の雫から始まった水流が大河へと成長する様子を、波や水しぶきのような彫金で表現している。また、5時位置には、ゴールドフェザーの証である「羽根」を、9時位置には、照井がこのモデルの全ての彫金を手掛けた証である「Tマーク」を彫金した。
本モデルのケースの素材は、プラチナ950。サイズは外径37.4mmと、ユニセックスで着用できるサイズ感だ。

キャリバー6890搭載
なお、ムーブメントは手巻きのキャリバー6890。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.