くらし情報『5分で読める「夜の新江ノ島水族館」ガイド - クラゲホールや大水槽など“えのすい”を紹介』

2016年7月19日 19:30

5分で読める「夜の新江ノ島水族館」ガイド - クラゲホールや大水槽など“えのすい”を紹介

5分で読める「夜の新江ノ島水族館」ガイド - クラゲホールや大水槽など“えのすい”を紹介

“夜の水族館”として多くの人々に愛されている「新江ノ島水族館」。特に、ナイトワンダーアクアリウムは、魚やクラゲたちとデジタルテクノロジー、照明、サウンドが織り成す世界観が、「えのすい」ならではの感動体験を生み出している。

ナイトワンダーアクアリウムとは...
“夜の水族館”の楽しみ方、として新江ノ島水族館が提案したイベント。「ナイトワンダーアクアリウム2016 ~月光に漂う水族館~」は2016年7月16日(土)から12月25日(日)まで開催され、館内全体が月夜に照らされ美しく輝く海の生き物達にフォーカスしている。

展示内容
■エントランス階段

入場口を入ってすぐの階段。波が打つような照明とサウンドが来場者を海の世界へ導いてくれる。

■光の水先案内

展示と展示をつなぐ通路も、“海中”にいるような感覚でいることができる。いつもは正面から見る水槽を横から見た様子や、通り道を照らしてくれるライトなど、単なる移動としてではなく、そこも1つの見所として進んでみよう。

■相模湾大水槽

相模湾大水槽へ辿り着いたと同時に、夜の海底がもつ迫力が全身を包み込む。魚になって海を泳いているかのような気持ちは、水槽を取り囲むプロジェクションマッピングによって現れる満月によってより高められる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.