くらし情報『仏・オルセー美術館から「ナビ派」の絵画約70点が集結、三菱一号館美術館で開催』

2016年11月17日 14:10

仏・オルセー美術館から「ナビ派」の絵画約70点が集結、三菱一号館美術館で開催

仏・オルセー美術館から「ナビ派」の絵画約70点が集結、三菱一号館美術館で開催

「オルセーのナビ派展:美の預言者たちーささやきとざわめき」が2017年2月4日(土)から5月21日(日)まで、三菱一号館美術館にて開催される。

本展は、ナビ派の芸術を日本で初めて本格的に紹介する展覧会だ。フランス・オルセー美術館が誇るコレクションから、油彩約60点・素描10点の合計約70点が一堂に会す。

前衛的な芸術家グループ「ナビ派」
ナビ派とは、19世紀パリで前衛的な活動を行った若き芸術家グループ。ボナールやヴュイヤール、ドニ、セリュジェ、ヴァロットンを中心とする画家たちはゴーガンから影響を受け、自らを「ナビ(預言者)」と呼び、新たな芸術表現を模索した。

「ナビ派」の特徴
日常生活をフラットな色の面で表す装飾性、そして目に見えないものを描く神秘性といった、日常と神秘をあわせ持つ革新的な芸術活動がナビ派の特徴だ。浮世絵など日本美術からも影響を受けた。

中でも、ランソンやセリジエらは夢や祈り、宗教、魔術などをモチーフに取り上げ、ボナールやヴュイヤールは室内や公園、子どもなど身近なテーマを描くことを好んだ。一見控えめで洗練されている彼らの作品は、20世紀美術を予兆する革新性を感じさせる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.