くらし情報『ミッフィーの生みの親、ディック・ブルーナのデザイン展が横浜赤レンガ倉庫で、原画やスケッチ約500点』

2017年3月27日 18:40

ミッフィーの生みの親、ディック・ブルーナのデザイン展が横浜赤レンガ倉庫で、原画やスケッチ約500点

ミッフィーの生みの親、ディック・ブルーナのデザイン展が横浜赤レンガ倉庫で、原画やスケッチ約500点

絵本作家ディック・ブルーナの展覧会「シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン」が、2018年8月18日(土)から9月3日(月)まで、横浜赤レンガ倉庫1号館にて開催される。

ミッフィーの生みの親、ディック・ブルーナ
絵本「ミッフィー(うさこちゃん)」シリーズで有名なオランダ人絵本作家、ディック・ブルーナ。グラフィックデザイナーとしての顔も持つブルーナは、ペーパーバックシリーズ「ブラック・ベア」を代表とする温かみのある名作を数多く残してきた。生涯生み出した絵本は124冊にものぼる。

作品に共通する特徴は「シンプル」であること。余分なものを極力削ぎ落としつつ、独自のユーモアや情感を織り込む「シンプルさ」が常に作品に潜んでいる。

デザイン原画やスケッチなど、約500点を展示
会場には、200冊を超えるペーパーバックや、約40点のデザイン原画・スケッチ、ミッフィーや ボリスなどの絵本原画約30点、さらにポスターの複製などを加えた、計約500点の作品を展示。

『なんてこったい』の原画に見られる“ユーモラスな線”、「ブラック・ベア」シリーズのポスターに現れる“大胆な省略”、そして『雪の中の六人のシャドー』で使われた“リズミカルな反復”など、様々なキーワードを基に、ブルーナが生み出す「シンプル」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.