くらし情報『エルメスのウィメンズアイコン時計に新モデル「ケープコッド シャドウ」漆黒に浮かぶ一筋の赤』

2017年5月22日 18:15

エルメスのウィメンズアイコン時計に新モデル「ケープコッド シャドウ」漆黒に浮かぶ一筋の赤

エルメスのウィメンズアイコン時計に新モデル「ケープコッド シャドウ」漆黒に浮かぶ一筋の赤

エルメス(HERMÈS)のウィメンズアイコンウォッチ「ケープコッド」から、新モデル「ケープコッド・シャドウ」が誕生。

エルメスを代表する「ケープコッド」とは?
「ケープコッド」が生まれたのは1991年のこと。錨の鎖を意味する、エルメスの人気シルバージュエリー”シェーヌ・ダンクル”からインスピレーションを得て誕生した。デザインのポイントとなるのは、「長方形の中に入った正方形」。正方形の時計を作って欲しいと依頼された、デザイナーのアンリ・ドリニーが、エルメスのアイコン”シェーヌ・ダンクル”を2つに分割し、その中に正方形を埋め込むことで、《長方形の中の正方形》という希望に答えた「ケープコッド」が誕生した。

手首に巻きつける2重ストラップ
「ケープコッド」の誕生から7年後の1988年、当時レディスプレタポルテを担当したいた、マルタン・マルジェラがストラップを2重のデザインに変更し、現在のスタイルが完成した。2016年には、25周年を迎え「ケープコッド」に、たくさんの仲間が出来た。ダイヤモンドやオニキスなどを用いた文字盤やカラフルなレザーストラップモデルなどが揃い、よりバリエーション豊かに。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.