くらし情報『横浜人形の家で「シュタイフ アニマルワールド展」2mを超える等身大ぬいぐるみや最古のテディベアを展示』

2017年7月15日 14:05

横浜人形の家で「シュタイフ アニマルワールド展」2mを超える等身大ぬいぐるみや最古のテディベアを展示

横浜人形の家で「シュタイフ アニマルワールド展」2mを超える等身大ぬいぐるみや最古のテディベアを展示

神奈川県・横浜人形の家にて、シュタイフ(Steiff)社のぬいぐるみを鑑賞できる「シュタイフ アニマルワールド展 ~テディベアと旅する世界の動物たち~」が開催される。期間は2017年7月22日(土)から9月3日(日)まで。

世界初のテディベアを製作したとされる、ドイツの高級ぬいぐるみブランド・シュタイフ。今回の展示では、世界最古のテディベアなど貴重なコレクションを含む300点以上の精巧なぬいぐるみの数々を、テディベアがナビゲートするかのように紹介する。

館内は6つのゾーンに分かれ、それぞれのテーマに合わせたぬいぐるみが展示されている。2mを超える大きさのものもある大型の等身大ぬいぐるみと写真を撮れるコーナー「等身大の動物たち」や、たくさんのぬいぐるみに実際に触って遊ぶことのできる「乗って触れる動物たち」など体験型の企画から、ファンにはたまらないアンティークや高級コラボレーション、一点物など希少なテディベアが勢ぞろいする「ティディベアのお部屋」まで、大人も子供も存分に楽しめる展示が揃っている。

また、自分でオリジナルのシュタイフ柄バッグを作れるシュタイフマイグッズやシュタイフ缶バッジ制作、動物影絵体験など、オリジナルのシュタイフグッズが作れるイベントも。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.