くらし情報『「安藤忠雄 21_21の現場 悪戦苦闘」六本木で開催 - "一枚の布"から創り上げた建築の軌跡たどる』

2017年8月10日 14:40

「安藤忠雄 21_21の現場 悪戦苦闘」六本木で開催 - "一枚の布"から創り上げた建築の軌跡たどる

「安藤忠雄 21_21の現場 悪戦苦闘」六本木で開催 - "一枚の布"から創り上げた建築の軌跡たどる

「安藤忠雄 21_21の現場 悪戦苦闘」が、2017年10月7日(土)から10月28日(土)まで六本木・東京ミッドタウン内の21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3にて開催される。

日本が世界に誇る建築家、安藤忠雄。彼の"デザイン"への想いがつまった21_21 DESIGN SIGHTの建築プロセスにフォーカスした本企画。2007年に開催された特別企画「安藤忠雄 2006年の現場 悪戦苦闘」で紹介された建築の初期アイデアやスケッチ、建設現場の写真や映像の一部を再び展示する。また、本建築に関連するオリジナルグッズや安藤忠雄に関する書籍を販売する期間限定ショップもオープン。

常識にとらわれない大胆な空間を数多く生み出してきた安藤忠雄が、三宅一生と共に"日本のデザインの未来"を考えた時、21_21 DESIGN SIGHTの建築は生まれた。建築するにあたり、三宅の服づくりの根底にある「一枚の布」という考えから、「一枚の鉄板」を折り曲げたような屋根の建物を設計した。三宅一生の服づくりの考え方を、建築そのものに盛り込んだ安藤忠雄のデザインは、大変高度な技術を要し、日本の優れた建築技術だからこそ成し得たプロジェクトであった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.