くらし情報『ルイ・ヴィトンの限定ストア、南青山にオープン - 山本寛斎がデザインしたモチーフをレザー小物に』

2017年9月23日 11:25

ルイ・ヴィトンの限定ストア、南青山にオープン - 山本寛斎がデザインしたモチーフをレザー小物に

ルイ・ヴィトンの限定ストア、南青山にオープン - 山本寛斎がデザインしたモチーフをレザー小物に

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)が、東京・南青山に2018年リゾートコレクションを展開する限定ストアを2017年9月29日(金)から10月12日(木)までオープンする。

日本初の開催となったリゾートコレクションは、滋賀県のMIHO MUSEUMが舞台となった。コレクションの中には、日本各地でみられる都市と自然の融合、そして日本の伝統的なモチーフが随所にちりばめられていた。

今回の限定ストアでも同じくそのムードを受け継ぐ。店内では、限定アイテムを多数展開するだけでなく、誰もが楽しめるインスタレーション展示も行う。

1階 ルイ・ヴィトン流、盛大なる“和”のおもてなしフロア
コレクションの中でもひと際存在感を放っていた、山本寛斎のデザインした和の要素たっぷりのシンボル。限定ストアでは、その中でも存在感のあったキャッチーでカラフルなだるまをおもてなしのインスタレーションとして採用した。

全面ガラス張りの外観には、モノグラムが配された。ルイ・ヴィトンらしい洗練された外観から、モノグラムを通して見えるのはルイ・ヴィトン流の“和”の世界だ。

入口に入るとまず目に飛び込んでくるのは、小さなだるまと大きなだるま。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.