くらし情報『ステア 2018-19年秋冬コレクション - 白黒映画の中で香る鮮明な女性らしさ』

2018年3月31日 12:50

ステア 2018-19年秋冬コレクション - 白黒映画の中で香る鮮明な女性らしさ

ステア 2018-19年秋冬コレクション - 白黒映画の中で香る鮮明な女性らしさ

ステア(STAIR)は、2018年秋冬コレクションを東京・CASE Bで発表した。

着想源は、1930年代の映画『モロッコ』
ステアは2016年デザイナー・武笠綾子によって設立された日本ブランド。翌年2017年には、東京新人デザイナー賞に入賞したことで、多くの注目を集めるきっかけとなった。

そんなブランドの今季コレクションの着想源となったのは、1930年代に製作された白黒映画『モロッコ』。劇中でタキシードを纏う女優マレーネ・ディートリヒの姿に、心を奪われた武笠綾子は、性別の垣根を超えた自由な価値観を彼女の中から見出したという。コレクションでは、メンズ要素を含むシルエットやスタイリングを組み合わせながら、女性らしさの垣間見えるピースを展開していく。

白黒映画をピースで体現
ピースのなかには、"白黒映画"を体現するデザインも発表された。例えば、グレーやネイビー、ベージュなど落ち着いた色合いで揃えたルックには、ポイントカラーに"白"を採用。これは白黒映画の中で、白の生み出す立体感に着目した武笠綾子が、「このコレクションが白黒で映し出されたとしても美しく見えるように」という想いをこめて取り入れたアイディアだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.