くらし情報『ガイナが劇場アニメ『蒼きウル』『トップをねらえ3』など4つの新作アニメ制作を発表』

2018年9月10日 17:45

ガイナが劇場アニメ『蒼きウル』『トップをねらえ3』など4つの新作アニメ制作を発表

ガイナが劇場アニメ『蒼きウル』『トップをねらえ3』など4つの新作アニメ制作を発表

2018年9月7日(金)、アニメーション制作会社のガイナ(以下:スタジオガイナ)が、劇場アニメーション『蒼きウル』、『トップをねらえ3』(仮題)などの制作を発表した。

スタジオガイナは、『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズなどで知られる「ガイナックス」の子会社として2014年に設立された「福島ガイナックス」を前身にもつアニメーション制作会社。2018年7月に木下グループに全株式を譲渡し、現在の社名に変更している。

今回新たに制作が発表されたのは、アドバイザーに貞本義行山賀博之を迎えた劇場アニメ『蒼きウル』、オリジナルアニメ『トップをねらえ3』(仮題)、『あくびをするにはワケがある』、新企画子供向けアニメ番組『レスキューアカデミア』の4本。

『蒼きウル』は、元々ガイナックスが同社の創立30周年を記念して、「王立宇宙軍~オネアミスの翼」のその後を描く作品として企画が進められてきた劇場アニメーション。2018年の公開が予定されていたが、今回その制作の主体をスタジオガイナが引き継ぐ形で、監督・山賀博之、キャラクターデザイン・貞本義行と共に2022年までの公開を目指すという。

また、ガイナックスが手がけた前2作の続編と思われる『トップをねらえ3』(仮題)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.