くらし情報『ユニクロ×イネス・ド・ラ・フレサンジュ 2019年春夏コレクション、南仏の港町サントロペから着想』

2018年12月1日 16:20

ユニクロ×イネス・ド・ラ・フレサンジュ 2019年春夏コレクション、南仏の港町サントロペから着想

ユニクロ×イネス・ド・ラ・フレサンジュ 2019年春夏コレクション、南仏の港町サントロペから着想

ユニクロ(UNIQLO)は、イネス・ド・ラ・フレサンジュ(INES DE LA FRESSANGE)とのコラボレーションによる2019年春夏コレクションを2019年2月22日(金)より発売。ウィメンズフルラインナップは38店舗とオンラインストア、キッズフルラインナップは35店舗とオンラインストアにて発売予定だ。

南フランスの港町、サントロペから着想
今季は、南フランスの港町であるサントロペから着想を得た。イネスが生まれた街でもあるサントロペは、多くのアーティストや文化人が愛し、育んできた自由と幸福感に溢れたムードで包まれている。

その雰囲気を表現するため、デビューから変わらずアイコニックなカラーとして用いているネイビーとレッドとともに、優しいキャラメルカラーを採用。そこにギンガムチェックやマリンテイストのストライプなどを織り交ぜ、さらに幸福感を感じさせるような優しい水彩画調のフラワープリントも展開する。

また、サントロペの爽やかな風に応えるような、軽やかな素材感も魅力。リネン素材のシャツやシャンブレー素材のセットアップなどを展開している。また、サマーニットに挿入された碇モチーフも今季のポイントだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.