くらし情報『映画『ゴーストバスターズ/アフターライフ』オリジナル版の続編をジェイソン・ライトマン監督で描く』

2019年1月21日 11:05

映画『ゴーストバスターズ/アフターライフ』オリジナル版の続編をジェイソン・ライトマン監督で描く

映画『ゴーストバスターズ/アフターライフ』オリジナル版の続編をジェイソン・ライトマン監督で描く

映画『ゴーストバスターズ/アフターライフ』が、2021年に全国公開される。

映画『ゴーストバスターズ』シリーズとは?
映画『ゴーストバスターズ』シリーズは、ニューヨークを舞台に幽霊退治に奮闘する学者たちの姿を描いた作品。耳に残るテーマソングとともに、世界的大ヒットを記録した。

2016年には、メインキャスト4人を全員女性にして女性版『ゴーストバスターズ』が公開。オリジナル作品から30年以上の時を経て制作された、人気作の最新ストーリーとして大きな話題を呼んだ。

オリジナル版の続編、初代監督の息子がメガホンをとる
そして時を経て、2020年公開となるシリーズ最新作『ゴーストバスターズ/アフターライフ』は、1984年のオリジナル『ゴーストバスターズ』の世界観に繋がる設定となる予定。またオリジナル『ゴーストバスターズ』の監督アイヴァン・ライトマンの息子ジェイソン・ライトマンが監督を務めるという、ファンにはたまらない設定だ。

解禁された映像には、「遺されたのは、おじいちゃんの不気味な屋敷だけ」という台詞と共に、田舎に引っ越してきた兄妹と母親のシーンからスタート。その古い屋敷で妹が見つけ出したのは、幽霊退治に使用する「ゴーストトラップ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.