くらし情報『映画『チャイルド・プレイ』恐怖の“殺人人形”チャッキー再び、IT/イットの製作陣がリメイク』

2019年3月18日 18:00

映画『チャイルド・プレイ』恐怖の“殺人人形”チャッキー再び、IT/イットの製作陣がリメイク

映画『チャイルド・プレイ』恐怖の“殺人人形”チャッキー再び、IT/イットの製作陣がリメイク

映画『チャイルド・プレイ』が、2019年7月19日(金)に公開される。

数々のトラウマを生んだ“殺人人形”を『IT』の製作陣がリメイク
青いオーバーオールにカラフルなボーダーTシャツ姿の人形“チャッキー”で知られるホラー映画『チャイルド・プレイ』が、ストーリーを新たにスクリーンにカムバック。ホラー映画史上No.1のヒットを記録した『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のプロデューサーコンビであるセス・グラハム-スミスとデヴィッド・カッツェン・バーグが製作を務める。

1988年にアメリカで初公開された『チャイルド・プレイ』は、劇場公開さなかったものも含めて全7シリーズが製作されているホラー映画。ブードゥー教の秘術によって、子供向けのバディ人形に自分の魂を移した殺人鬼チャールズ・リー・レイ(チャッキー)が、生身の体を手に入れるために人々を襲っていくという物語で、数多くの人々の心にトラウマを作り出した。

超ハイスペックなAI人形“チャッキー”として登場!
今回スクリーンにカムバックする最新作は、引越し先で友達のいない少年アンディが、母親から誕生日に、”バディ人形” をプレゼントされるところから幕を開ける。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.