くらし情報『まとふ2019-20年秋冬コレクション、冬の津軽を舞台に雪が届けてくれるもの』

2019年3月25日 20:20

まとふ2019-20年秋冬コレクション、冬の津軽を舞台に雪が届けてくれるもの

まとふ2019-20年秋冬コレクション、冬の津軽を舞台に雪が届けてくれるもの

まとふ(matohu) 2019-20年秋冬コレクションが、2019年3月22日(金)に表参道ヒルズ「スペースオー」にて発表された。テーマは「雪の恵み」。

「手のひらの旅」再び
前シーズンに続き、映像+プレゼンテーション形式でコレクションを発表したまとふ。前回と連動したプロジェクト「手のひらの旅」は、夏の青森・津軽から冬の津軽へと舞台を移す。

“冬ごもり”の時期に生まれた伝統工芸品に目を向けて
会場に映し出されたのは、思わずため息がでてしまうような雪国の風景。しかし雪国の人にとって、雪とは本当に厄介なものであるらしい。

デザイナーの堀畑裕之と関口真希子は、“外部”の人間であるからこそ、「近くにいると見えにくい」雪国の魅力に目を向ける。そしてその目線のまま彼らが着目したのは、この時期だからこそ生まれる伝統工芸品。外には出ることのできない“冬ごもり”の時間をたっぷりと使って完成した、伝統的な刺繍「こぎん刺」や江戸時代から続く漆塗り「津軽塗」を、今季のコレクションに使用した。

ウール×ウールのこぎん刺
前シーズンもこぎん刺のワードローブが登場したが、今季はウールの生地にウールでこぎん刺を施すという、温もり溢れる羽織が到着。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.