くらし情報『ディオールの新作ウェア&アクセサリー、マラケシュで発表した20年リゾートコレクションより』

2019年5月10日 17:05

ディオールの新作ウェア&アクセサリー、マラケシュで発表した20年リゾートコレクションより

ディオールの新作ウェア&アクセサリー、マラケシュで発表した20年リゾートコレクションより

ディオール(DIOR)が、モロッコ・マラケシュで発表した2020年リゾートコレクション。相互理解の基盤となる「コモン・グラウンド」という思想がテーマになっている。

舞台は、ムッシュ ディオールの最初の後継者イヴ・サンローランが愛した場所、マラケシュ。メゾンにとって特別な場所で行われたショーでは、特別なピースが誕生している。

「アフリカン ワックス」ドレス
一つはコレクションの象徴となる「アフリカン ワックス」。マリア・グラツィア・キウリは、コートジボワールにあるユニワックス(Uniwax)の工場とスタジオとのコラボレーションによりオリジナルのテキスタイルを作成。

生地を織る際に、トワル ドゥ ジュイやタロットモチーフなど、マリアが大切にしているディオール コードを緯糸に織り込むことで、アフリカンカルチャーとパリのエスプリが効いたスペシャルなデザインを完成させた。

豊かな大地が生んだ自然や動物たちをモチーフに大自然のパワーを表現したテキスタイルは、サンドカラー、インディゴブルー、灼熱のレッドオークルなど様々なパレットで彩られ、ドレスとなりコートとなりコレクションに登場している。

アフリカンカルチャーを彷彿とさせるヘッドピース
アフリカンカルチャーを強調させたヘッドピースは、帽子職人とタッグを組み生み出したもの。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.