くらし情報『展覧会「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」京都・福岡で、民俗芸術を伝える本などを紹介』

2019年6月17日 11:35

展覧会「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」京都・福岡で、民俗芸術を伝える本などを紹介

展覧会「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」京都・福岡で、民俗芸術を伝える本などを紹介

展覧会「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」が、2019年6月25日(火)から8月18日(日)まで開催される。また、2019年8月31日(土)から10月6日(日)まで、福岡の三菱地所アルティアムに巡回する。

インド南部・チェンナイを拠点とする出版社「タラブックス」は、1994年の設立以来、子どもや大人向けにハンドメイド本やビジュアルブックの出版を中心に、児童文学、写真、グラフィックノベル、芸術、美術教育と多岐にわたる書籍を出版してきた。地元インドの人々や各地に伝わる芸術を取り上げ、ローカルな民俗画家たちの作品を、初めて本にしてグローバルへ発信したクリエイティブなパイオニアと言える。

特に、インド中央部に暮らすゴンド族の芸術家とは代表作『夜の木』をはじめとする数多くの取り組みを行っている。

「タラブックス」が本を製作する際は、内容やデザインから、印刷や製本の方法に至るまで、編集者、作家、画家、デザイナーや印刷職人が意見を出し合う、チームでの本づくりにこだわっている。また、本のかたちの可能性を学び、追究した結果、デジタルが隆盛している現代においても、紙の本に人々の関心を向けることに成功している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.