くらし情報『バレエ×プロジェクションマッピングによる“カラフル”な「くるみ割り人形」新宿で公演』

2019年11月17日 13:50

バレエ×プロジェクションマッピングによる“カラフル”な「くるみ割り人形」新宿で公演

バレエ×プロジェクションマッピングによる“カラフル”な「くるみ割り人形」新宿で公演

プロジェクションマッピングを使用したバレエ「くるみ割り人形」が、2019年12月21日(土)、22日(日)に新宿文化センターにて開催される。

プロジェクションマッピングで“名作バレエ”をカラフルに
これまで100年以上もの間、世界中で上演され続けてきた古典バレエの代名詞「くるみ割り人形」。埼玉で活動するNBAバレエ団による「くるみ割り人形」は、バレエとプロジェクションマッピングが融合したカラフルな演出で、大人から子供まで楽しめる作品となっている。

バレエ作品は通常、シーンが移り変わる場面で装置の入れ替えが行われる。それにより、どうしても物語の雰囲気が途切れてしまうのだが、本作では装置転換時に、色鮮やかで存在感のあるプロジェクションマッピングを投影。作品全体に華やかさが増し、より没入感のあるバレエを楽しむことができる。

オリジナル演出の「葦笛の踊り」も
また、原作にアレンジを加えたユーモアあふれる演出も。原作にある「葦笛(あしぶえ)の踊り」の場面では、3匹のねずみが、魔法によって人間の姿になり登場し、オリジナルのストーリーが展開されていくという。

誰もが知る名作とは一味違う“カラフル”なバレエで、素敵なクリスマスを過ごしてみては。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.