くらし情報『空山基の個展がNANZUKA・渋谷パルコ「2G」で同時開催、“性”がテーマのロボットや恐竜ロボット』

2020年2月21日 17:05

空山基の個展がNANZUKA・渋谷パルコ「2G」で同時開催、“性”がテーマのロボットや恐竜ロボット

空山基の個展がNANZUKA・渋谷パルコ「2G」で同時開催、“性”がテーマのロボットや恐竜ロボット

アーティスト・空山基の新作個展が渋谷「NANZUKA」と渋谷パルコの「2G」にて同時開催。「NANZUKA」では、「Sex Matter」を2020年3月14日(土)から4月12日(日)まで、「2G」では、「Trex」を2020年3月14日(土)から4月7日(火)まで開催する。

尚、「NANZUKA」は、2020年3月31日(火)より臨時休業。再開時期は「NANZUKA」公式ホームページにて告知される。

空山基の新作個展、渋谷で2ヶ所同時開催
空山基は、人体と機械の美を追求した作品を制作するアーティスト。1970年代初め頃よりその驚異的な写実力を武器に、ピンナップのイラストレーターとしてキャリアを形成してきた。

特に、フェティッシュな女性のヌード像を描くなど、タブーや社会の抑圧を否定しつつ、様々な作品表現に果敢にチャレンジ。代表的な作品「セクシーロボット」シリーズでは、女性の人体美をロボットに取り込んだ表現で、その後のロボットのイメージ形成に大きな影響を与えた。

自身の作品の他に、企業やブランドなど様々なコラボレーションも手がけている。ソニー「AIBO」のコンセプトデザインや、エアロスミスのアルバム「Just Push Play」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.