くらし情報『元イッセイ ミヤケ メンのデザイナー高橋悠介が新ブランド「CFCL」スタート、“3Dニット”を軸に』

2020年10月23日 14:00

元イッセイ ミヤケ メンのデザイナー高橋悠介が新ブランド「CFCL」スタート、“3Dニット”を軸に

元イッセイ ミヤケ メンのデザイナー高橋悠介が新ブランド「CFCL」スタート、“3Dニット”を軸に

元イッセイ ミヤケ メン(ISSEY MIYAKE MEN)のデザイナー高橋悠介による新ブランド「CFCL(シーエフシーエル)」が、2021年春夏コレクションよりデビュー。ファーストシーズンは、2021年2月上旬より順次、伊勢丹新宿店、ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)、トゥモローランド(TOMORROWLAND)などで取り扱われる。

高橋悠介による新ブランド「CFCL」がデビュー
高橋悠介は、2013年から約6年間にわたってイッセイ ミヤケ メンのデザイナーを務めていた人物。2020年春夏シーズンを最後に同ブランドを退社しており、今回、自身のブランド「CFCL」ローンチに至った。

“日常に寄り添う”3Dニットウェアの展開
“Clothing For Contemporary Life(現代生活のための衣服)”を由来とする「CFCL」は、日常に寄り添う機能性や着心地、さらには完成までの素材の選択や流通経路の透明性にまでこだわり、だれもが気軽に手を通せるようなシンプルな服の提案を目指す。

その中でもブランドの中核をなすのが、3Dコンピューター・ニッティングの技術を駆使したラインナップ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.