くらし情報『バレンシアガ 22年春コレクション - テクノロジーを通した“もう1つの現実”の中で』

2021年6月10日 18:50

バレンシアガ 22年春コレクション - テクノロジーを通した“もう1つの現実”の中で

バレンシアガ 22年春コレクション - テクノロジーを通した“もう1つの現実”の中で

バレンシアガ(BALENCIAGA)は、22年スプリングコレクションをデジタルショーにて発表した。

テクノロジーを通して見た“現実”とは
今季のコレクションには、テクノロジーを通して見た時の“現実”の変化を映し出している。私達が日々目の当たりにしている“現実”とは、フォトショップなどを用いて編集され、洗練され、変更された“別の現実”であり、現実と“別の現実”を読み解き区別することがもはやできなくなりつつある。バレンシアガは、そんな現実世界を「デジタルクローンの世界」を通して表現する。

コレクションルックには、バレンシアガのこれまでのショーやほとんどのキャンペーンに出演しているアーティスト、エリザ・ダグラスのイメージを用いたデジタルクローンが登場。機械学習によって作成されたディープフェイクやキャプチャ、CGスキャンによってエリザ・ダグラスの顔をデジタルで移植したモデルがランウェイを歩く。

バレンシアガとグッチのコードを融合
注目は、グッチ(GUCCI)の2021年秋「アリア(ARIA)」コレクションでも発表されたグッチとバレンシアガの「The Hacker Project」。グッチのシグネチャーをバレンシアガのプロダクトとして解釈し、両ブランドのメゾンのコードを交差させ融合させることで、「しばしば偽造や流用が発生するファッションにおいて何が本物で何をもって偽物なのか?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.