くらし情報『企画展「ヘザウィック・スタジオ展」六本木の東京シティビューで、人の心を動かす“建築”に迫る』

2022年1月1日 10:40

企画展「ヘザウィック・スタジオ展」六本木の東京シティビューで、人の心を動かす“建築”に迫る

企画展「ヘザウィック・スタジオ展」六本木の東京シティビューで、人の心を動かす“建築”に迫る

企画展「ヘザウィック・スタジオ展:共感する建築」が、東京・六本木ヒルズ森タワーの東京シティビューにて2023年3月20日(月)から6月4日(日)まで開催される。

デザイン集団「ヘザウィック・スタジオ」の建築を紹介
「ヘザウィック・スタジオ展:共感する建築」は、1994年にロンドンで設立されたデザイン集団「ヘザウィック・スタジオ」の建築を紹介する展覧会。モノやその土地の歴史について学び、伝統的なものづくりの技術に敬意を払いつつも、最新のエンジニアリングを駆使して作られる「ヘザウィック・スタジオ」の空間には、斬新なアイディアが随所に散りばめられている。

世界各地で革新的なプロジェクトを手がけ、国際的に注目を集める「ヘザウィック・スタジオ」は、トーマス・へザウィックによって創設。

職人の作った小さなものに魂が宿っているように、建築という大きな建物や空間にもその“魂”を込めることができるのか?という問いが「ヘザウィック・スタジオ」のデザインの原点となっている。そのため、全てのデザインはヒューマン・スケールを基準とするという信念に基づいており、たとえ大規模な都市計画であっても、自然界のエネルギーや建築物の記憶を取り込みながら、人々の集う“空間作り”を重視したクリエーションを行う。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.