くらし情報『次元・小林清志、最後の『ルパン』出演回に涙 「粋な演出」「セリフに泣いた」』

2021年10月10日 14:20

次元・小林清志、最後の『ルパン』出演回に涙 「粋な演出」「セリフに泣いた」

次元・小林清志、最後の『ルパン』出演回に涙 「粋な演出」「セリフに泣いた」

2021年9月7日、声優の小林清志さんが、アニメ『ルパン三世』シリーズでおよそ50年間演じてきた、次元大介役の引退を発表しました。

同年10月9日から放送が開始された、シリーズ最新作『ルパン三世 PART6』(日本テレビ系)では、第1話のみ小林さんが次元役として出演。

第2話で、新キャストである声優の大塚明夫さんに、次元役のバトンを渡します。

小林清志最後の『次元』出演回で、粋な演出に涙する人が続出

『ルパン三世 PART6』の記念すべき第1話では、『EPISODE 0 ―時代―』というサブタイトルのエピソードを放送。

次元の人生や人柄にスポットを当てたエピソードであり、仲間たちとの過去を振り返った次元は、このようにいいました。

とうとう俺も潮時かもしれねえな。なんだか相棒との人生を振り返っちまったよ。

お前らとの縁は、もうこれっきりだ。

ルパン三世 PART6ーより引用

また、次元についてルパンが石川五ェ門と話しているシーンでは、このようなセリフも。

時代が変わりゃ、自分も変わる。そんな俺を(次元は)黙って受け入れてくれた。

だから、俺は俺でいられたのかもしれねえ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.