くらし情報『北国の冬の青空に映え、実に美しく、一瞬心を奪われる『コブシ』の花』

2022年2月22日 06:05

北国の冬の青空に映え、実に美しく、一瞬心を奪われる『コブシ』の花

コブシの花
北国の冬の青空に映え、実に美しく、一瞬心を奪われる『コブシ』の花

こんにちは、フリーアナウンサーの押阪忍です。

ご縁を頂きまして、『美しいことば』『残しておきたい日本語』をテーマに、連載をしております。宜しければ、シニアアナウンサーの『独言(ひとりごと)』にお付き合いください。

北国の冬の青空に映え、実に美しく、一瞬心を奪われる『コブシ』の花

花待ち月の二月

寒いですねぇ…。建国記念日の前後が一番寒さが厳しいように思います。春待ち心も 日一日と期待感を増して来ています。

梅一輪一輪ほどの暖かさ嵐雪

すみずみに残る寒さや梅の花蕪村

春を告げる花は、先ずは梅でしょうが、その他にも、フクジュ草、サクラ草、コブシなどがあります。それらは『報春花、迎春花』などと表現されています。

葉のない冬枯れの枝いっぱいに、黄色の花をつけるマンサクは、余寒の続く早春、万花に先がけて咲きます。

北国の冬の青空に映え、実に美しく、一瞬心を奪われる『コブシ』の花

マンサク

「先ず咲く」が訛(なま)ってマンサクと言われていますが、花弁のちぢれた黄色の花は、春の先ぶれのように思われます。

そして早春、まだ花の少ない北国で、花を咲かせ始めている白い花があります。新芽の出ない灰色の裸木に、白い六弁の大型の花を咲かせる『コブシ』です。

「こぶし咲く、あの丘北国の…」千昌夫さんが唄う北国の春…。あのコブシです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.