くらし情報『陸上短距離の女王、福島千里選手引退に思う』

2022年3月7日 07:06

陸上短距離の女王、福島千里選手引退に思う

陸上短距離の女王、福島千里選手引退に思う
陸上短距離の女王、福島千里選手引退に思う

こんにちは、フリーアナウンサーの押阪忍です。

ご縁を頂きまして、『美しいことば』『残しておきたい日本語』をテーマに、連載をしております。宜しければ、シニアアナウンサーの『独言(ひとりごと)』にお付き合いください。

陸上短距離の女王、福島千里選手引退に思う

女子陸上の女王福島千里選手も引退

体操の内村航平選手が引退し、その功績を称(たた)えるコメントを書いたばかりなのに、今度は女子陸上、短距離の女王、福島千里選手の引退のニュースです。

男子の短距離では、山県、桐生、多田、小池と、その名前がすぐに出て来るのですが、失礼ながら女子の陸上では、福島選手の名前しか出て参りません。

それだけ長い間、陸上の女王として君臨して来た訳ですね。

陸上短距離の女王、福島千里選手引退に思う

彼女の記録をふり返って見ると、100mと200mの日本記録を更新すること計7回(6年連続)、五輪も2016年まで3大会連続! これは驚異であり、正に快挙であります。

関係者の話によると見えない所で、それは厳しい練習をしていたと聞いております。

福島選手は19才から33才まで14年間、常にトップで走っていた訳ですが、日本の大会で彼女が2番目で走っている姿は 当方、一度も見たことがありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.