くらし情報『柔軟剤を入れたのに香りが薄い…なぜ? ライオンの解説に「だからか!」』

柔軟剤を入れたのに香りが薄い…なぜ? ライオンの解説に「だからか!」

目次

・洗剤と一緒に衣類の上から…はNG
・柔軟剤の大量使用は避けて
※写真はイメージ

洗濯時に柔軟剤を使うと、衣類やタオルを柔らかくふわふわな状態に仕上げてくれます。また消臭や芳香にこだわった製品も多く、お気に入りの香りを楽しんでいる人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、誤った方法で使っても、その効果は発揮されません。洗剤メーカーとして知られるライオン運営の公式Instagram『ライオンLidea-リディア』(lidea_lion)より、入れ方のコツを紹介します。

洗剤と一緒に衣類の上から…はNG

柔軟剤を使う際の注意ポイントとして、ライオン公式Instagramが指摘しているのは、『入れ方』についてです。洗濯機に洗剤を入れる際、衣類の上から投入する人も多いでしょう。そのまま一緒に柔軟剤も、というのは、誤った方法です。

ライオン公式Instagramによると、柔軟剤を洗剤と一緒に衣類の上から投入すると、お互いの効果を打ち消し合ってしまうとのこと。
洗剤が持つ『汚れを落とす効果』も、柔軟剤が持つ『衣類をふんわり仕上げる効果』も、弱まってしまうため注意してください。

柔軟剤を入れる時は、洗濯機内に設置された、柔軟剤専用の投入口を使うのがベストです。

ケース内に入れられた柔軟剤は、洗剤で洗いすすぎが終わった後のタイミングで、洗濯機内に自動で投入されます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.