くらし情報『江頭2:50の芸名の由来は深夜2時50分になると… その理由に「初耳」「知らなかった」の声』

2020年6月6日 16:46

江頭2:50の芸名の由来は深夜2時50分になると… その理由に「初耳」「知らなかった」の声

江頭2:50の芸名の由来は深夜2時50分になると… その理由に「初耳」「知らなかった」の声

お笑いタレントの江頭2:50さんが、自身のYoutubeチャンネルを更新。

フリー百科事典サイトWikipediaに記載されている情報を確認し、間違っていたら訂正するという企画で盛り上がりました。

江頭2:50、デビュー当時の芸名は『バッテン江頭』だった

江頭さんは事務所に所属するまでや、父親の話など一つひとつ確認して、間違っている情報を訂正。芸名である『江頭2:50』の由来についても語り、間違いを指摘しました。


タレントのばってん荒川さんが好きだった江頭さん。デビュー当時は、ばってん荒川さんにならって『バッテン江頭』を芸名にしていたといいます。

しかしその後、深夜ラジオ番組内の2時50分台のコーナーで危険なインタビュー中継をしていたことから『江頭2:50』に改名したとWikipediaには、記載されていました。

江頭さんは、デビュー当時の芸名は間違いないものの、『江頭2:50』にした際のエピソードは否定。

実際は、プライベートでの江頭さんの様子からつけられたといいます。

総裁が「こいつはいつも深夜の2時50分になると変身する」といって江頭2:50になった。

エガちゃんねる EGA-CHANNELーより引用

お酒を飲んだ江頭さんの態度がいつも深夜2時50分を境に急変することから、事務所の代表取締役である大川豊さんが名付けたという芸名。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.