くらし情報『まるでメロンパン!「志摩マリンランド」のケヅメリクガメの赤ちゃんに悶絶!』

2020年7月22日 04:30

まるでメロンパン!「志摩マリンランド」のケヅメリクガメの赤ちゃんに悶絶!

※写真はイメージ

中央アフリカの乾燥地帯に生息しているケヅメリクガメ。アフリカ最大のリクガメで、個体差はありますが甲長が60〜70㎝程度、体重が20〜30㎏までに成長します。

ケヅメリクガメの名前は、後ろ足と尻尾の間にニワトリの足にある蹴爪(けづめ)のような突起があることに由来しています。人生の大半を陸で過ごし、植物などの食べ物に含まれる水分を摂って生活します。

志摩マリンランド(@shimamarineland)では、そんなケヅメリクガメの赤ちゃんの様子が公開され、「かわいらしい!」と注目を集めています。生後3か月の赤ちゃんは、飼育員さんの手のひらサイズ。

段差でコロコロと転がるなど、あちこち元気に動き回る愛らしい姿がたまりません!


ケヅメリクガメの赤ちゃんの甲羅は、まるでメロンパンが動いているかのよう…。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.