くらし情報『長野県の山奥で撮影された、森の中へ吸い込まれそうな3枚がこちら』

2021年4月25日 18:01

長野県の山奥で撮影された、森の中へ吸い込まれそうな3枚がこちら

長野県の山奥で撮影された、森の中へ吸い込まれそうな3枚がこちら

初夏の頃に、草木が鮮やかな緑色の葉を茂らせる様を表わした言葉、『新緑』。みずみずしい緑を見ていると、心が洗われますよね。

写真家のHisa(@Hisa0808)さんは、新緑の美しい写真をTwitterへ投稿。

Hisaさんが撮影したのは、長野県にある有名な宿場町『奈良井宿』と、絵画のモデルにもなった池『御射鹿池(みしゃかいけ)』です。

18万件以上の『いいね』が寄せられた、日本が誇る美しい緑をお楽しみください。

長野県の山奥で撮影された、森の中へ吸い込まれそうな3枚がこちら


長野県の山奥で撮影された、森の中へ吸い込まれそうな3枚がこちら


長野県の山奥で撮影された、森の中へ吸い込まれそうな3枚がこちら



情緒ある町並みの奥には、吸い込まれてしまいそうな森が。

建物と自然が相まって、まるで江戸時代へタイムスリップしたかのような景色です。

さらに3枚目は、水面に樹木が反射し、まるで鏡に映っているような不思議な空間ですね。

投稿には、世界中から反響が寄せられ、長野の深緑に心奪われる人が多くいました。

・素晴らしい。一度でいいから行ってみたいな。

・美しい…!海派だけど、これを見たら山派になってしまいそう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.