くらし情報『『卵焼き甘すぎ、気持ち悪い』愛妻弁当に…“呆れ顔”で文句を言う夫!?⇒「絶対やめて!」ドン引きさせる【NGな言葉遣い】』

2024年5月20日 17:00

『卵焼き甘すぎ、気持ち悪い』愛妻弁当に…“呆れ顔”で文句を言う夫!?⇒「絶対やめて!」ドン引きさせる【NGな言葉遣い】

『卵焼き甘すぎ、気持ち悪い』愛妻弁当に…“呆れ顔”で文句を言う夫!?⇒「絶対やめて!」ドン引きさせる【NGな言葉遣い】

会話は人間関係において、非常に重要な役割を担っています。特に恋愛や夫婦生活では、日々のコミュニケーションがさらに重要視されるでしょう。今回は、相手を不快にさせがちな言葉遣いの例を紹介し、その回避策を探ってみます。いつまでも「それな」を使い続ける「パーティーで、ずっと『それな!』と連呼していた人がいたんです。いい歳をした大人だと思っていたのですが、それを聞いてちょっと距離を置きたくなってしまいました」(20代男性)「それな」は、特に若者の間でよく使われる表現ですが、あまりに頻繁に使うことで、大人としての印象が損なわれることがあるようです。会話では、もう少しフォーマルな「そうですね」への言い換えが推奨されます。熱中しすぎて「オマエ」と呼んでしまう「夫が病気で大変な時、自分も体調を崩し「オマエっていつも中途半端だな」と非難されたことがあります。その時は、その発言にとても傷つきました」(20代女性)親しい関係であっても「オマエ」という呼び方は、相手を不快にさせる可能性があります。
特に激しい感情が動いたときこそ、言葉遣いには気をつけた方がよさそうです。「パねぇわ」は印象を損ねる?「長年の友人であっても『パねぇわ』と言われると、ちょっとガサツに感じますね」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.