くらし情報『高熱の子ども放置する家庭に警察が強行突入 米の児童虐待対策』

2019年4月1日 17:21

高熱の子ども放置する家庭に警察が強行突入 米の児童虐待対策

高熱の子ども放置する家庭に警察が強行突入 米の児童虐待対策


後を絶たない児童虐待事件が注目を集める昨今、行政の対応のあり方が議論の俎上に上がっている。米国で実際に起こったケースを紹介したい。

先月28日、アリゾナ州のチャンドラー警察署が1本の動画を公開した。警官が体に装着したボディカメラの映像で、一軒家に強行突入する様子が収められている。

この家のサラ・ベックは2月25日、熱を出した2歳の息子を自然療法の診療所に連れて行った。チャンドラー警察署によると、このとき子どもの体温は40.5度にまで上がっていたという。

担当した医師は、子どもが髄膜炎など命を脅かす病気を患っている可能性を指摘。診療所では検査する設備がなかったため、すぐに病院へ息子を連れて行くよう指示した。しかし、その後ベックは子どもを受診させなかったことから、医師は児童局へ通報、そこから地元のチャンドラー警察署へ相談が入り、警察が介入することとなった。

動画では、警官が玄関をノックして中に入れるよう要求している。ベックとその夫ブルックス・ブライスは「もう熱は下がったから大丈夫。お引き取りを」と、決して家の中に警官を招き入れようとしない。警官はパトカーに戻り、電話で説得を続けるも、ベックは「息子はもう元気ですよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.