くらし情報『原宿の母が「両陛下の手相」から見出した“仲睦まじさ”の証』

2020年2月13日 11:00

原宿の母が「両陛下の手相」から見出した“仲睦まじさ”の証

(C)JMPA

(C)JMPA



お手振りをする姿に、ほんわかと温かい気持ちになり、心が和らいでいくのは、おふたりの手に、これまでの苦労と、これからの希望が、しっかりと刻まれているからかもしれません――。

2月23日、天皇陛下は60歳を迎えられ、皇居では一般参賀や記帳も行われる。昨年5月に即位され、11月の祝賀パレードでは、沿道に駆けつけた国民に、華やかな笑顔でお手振りされた両陛下。

「おふたりの手からは、仲がとてもよいことがうかがえます。こんなにいい手相を見るのはうれしい」

そう語るのは、“原宿の母”こと菅野鈴子さん。鑑定歴30年以上で、教室も開催している、手相鑑定の大御所だ。

「両陛下とも、お手振りのときに中指と薬指がくっついています。これは夫婦仲の睦まじさを表します。特に雅子さまは小指もくっついているので、愛子さまも含めて、ご家族3人、仲よしなことがわかりますね」

原宿の母が「両陛下の手相」から見出した“仲睦まじさ”の証


天皇陛下は、生命力を表す生命線、愛情を表す感情線、知恵を示す頭脳線の、どの線もとてもシンプルではっきりしている。

【天皇陛下の手相の特徴】

(1)中指と薬指がくっついている
(2)運命線が濃くしっかり出ている
(3)感情線が人差し指の近くまで伸びている
(4)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.